猛禽類医学研究所とは 3/5 「猛禽類医学研究所を支援する」
こちらは支援ページになっており、購入数によって支援金額が変更されます。

500円(内税)

購入数
こちらは支援ページです。
収容された個体の多くは人為的影響で怪我・死亡していることが多く、特に交通事故、感電事故、鉛中毒、発電用風車との衝突事故(バードストライク)などが大きな割合を占め、早急な予防策が必要とされています。
 このような事故などの人為的な野生動物との軋轢は、同じことを繰り返さないために根源を絶つことが大切です。
人間と野生動物を育む自然環境を健全で安全なものへ変えていく取り組みを、私たちは「環境治療」と名付けて活動の基軸としています。
ご支援された方にダウンロードしていただける画像をお礼として用意いたしました。

猛禽類医学研究所へのサポートの紹介
こちらからもご寄付が可能です。

HP:猛禽類医学研究所 (irbj.net)(猛禽類医学研究所)
Twitter:猛禽類医学研究所広報アカウントさん (@info_irbj) / Twitter(猛禽類医学研究所広報アカウント)
Instagram:猛禽類医学研究所(@info_irbj) /Instagram写真と動画(猛禽類医学研究所)